津商工会議所
津商工会議所 TSU CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY
愛され親しまれる商工会議所へ〜全力を尽くします!〜
会議所情報商工会議所とは組織図会議所案内図個人情報保護方針サイトマップ

平成27年度 津商工会議所 優良会員企業表彰制度の表彰企業が決定

 当会議所では、管内企業の経営意欲を高め、地域経済の活性化を図ることを目的に、自社の経営改善を行なった企業、環境へ取り組んでいる企業あるいは地域の発展などに著しく貢献した企業など他の模範となる企業を顕彰する「優良会員企業表彰制度」を設けています。

 本年度は審査の結果、「経営革新分野」「環境改善分野」の各分野において次の2事業所がそれぞれ受賞されました。

平成27年度 津商工会議所 優良会員企業表彰 表彰企業

【経営革新分野】

  • 東海アヅミテクノ株式会社

【環境改善分野】

  • アルコ株式会社

■昨年度(平成26年度)の優良企業表彰 表彰企業はこちらをご覧下さい

東海アヅミテクノ株式会社【経営革新分野表彰】

本社
本社
競技用ヨーヨー
競技用ヨーヨー
事業所名
東海アヅミテクノ株式会社
代 表 者
代表取締役 日高 良昭
所 在 地
津市中村町578
設   立
昭和63年5月
資 本 金
3,000万円
事業内容
精密金型パーツ製造・装置部品、冶工具設計製造、3Dマシニングデータ製作、競技用ヨーヨーの製作等
従業員数
20名
表彰理由
 東海アヅミテクノ株式会社(以下、当社)は、昭和63年に設立し、翌年久居市(現在の津市)の誘致を受けて、現在地に工場を建設・稼働させ現在に至っている。
 当社は、高度な生産管理体制の元、高品質の精密金型部品を製作しており、これらの金型部品は、半導体、光ファイバ、インクジェットプリンタ、携帯電話、各種コネクタなどの精密金型として、各メーカー国内工場はもとより多くの海外工場において使用されている。
 近年では、多くの製造業がコストダウンと市場拡大のため、アジアに生産拠点を移しているが、当社は国内に残るより開発に近い、コストより高度な技術を必要とされる企業をターゲットとしたビジネスに注力している。また、海外ではスイス、フランスなどヨーロッパの企業との取引も展開している。 当社の新たな事業分野への取り組みとしては、3年前から津市在住のヨーヨー界の第一人者である城戸健吾氏からの要請で金型部品とは分野が全く異なる競技用ヨーヨーの製作に取り組み始めた。
 当初は、機械設備の稼働状況等もあり当社の管理の元で外注加工により対応するつもりであったが、複雑な形状で高い加工精度が要求されることもあり、自社加工することとなった。今では高精度な品質、リードタイムの速さなど評価を得て、ニッチな市場ではあるが世界にも「東海アヅミテクノ」の名が通るレベルに達するとともに、ユーザー等からの高い要求に応えるために努力することで自社の技術力向上にも貢献している。
 また、従来の金型部品に比べると1ロットの製造数が多く、競技用ヨーヨーは付加価値や生産性の高い製品となっている。 同じく、3年前からは、より高い加工精度が求められる薬剤製造に関する分野にも進出している。薬剤製造は製品化するまで時間のかかる分野であり、製薬会社と研究段階から協議等を重ねながら当社の高品質な製品を提供している。現時点では大きな成果は出ていないが5年先、10年先には大きく開花する将来性のある分野である。
 当社では、新たな事業分野への進出と並行して高度な技術を磨く取り組みも行っている。その一つが「全日本製造業世界コマ対戦」への参加であり、昨年の中日本ブロック予選(89社参加)では、予選を勝ち残ってベスト16に入り決勝トーナメントに進出している。大会に参加すること、より良いコマ作りに取り組むことで、社内のモチベーションアップと社員の技術力、創造力を養っており、それらを金型部品製造等にフィードバックして、高品質の製品づくりを行っている。さらに、従業員も平均年齢約35歳と若いながら定着性も良く、そして全従業員20名中7名の女性従業員が従事して製造現場やCAD部門などに配置されて、繊細な業務を担当していることも当社の大きな特長である。
 このように、当社は高品質な金型部品製造だけに止まらず、競技用ヨーヨーや薬剤製造に関する分野に取り組み、全社一丸となって常に新たな事業分野を展開しようと努めており、他の企業の模範と認められる企業である。

アルコ株式会社 【環境改善分野表彰】

ソフィール
ソフィール
事業所名
アルコ株式会社 
代 表 者
代表取締役 東 和生
所 在 地
津市半田160
設   立
平成16年8月
資 本 金
3,000万円
事業内容
建設資材の販売および施工、環境に優しい汚水処理システム「土壌微生物膜浄化槽〜ソフィール〜」の開発、設計、販売
従業員数
28名
表彰理由
 ソフィールはクリオン株式会社(太平洋セメントの関連会社)が開発して平成9年頃から全国に設置をしていた商品であり、当社は三重県での販売店を担っていました。 その中、クリオン株式会社が特許・営業権・従業員4人を含めてソフィールを手放すこととなり、約5年前に当社が譲り受けて以降、開発及び販売の継続を行っています。
 現在では、北海道から沖縄に掛けて約170カ所(排水できないなど、特に環境に配慮する必要がある場所)にソフィールが設置され、実際に日々稼働しています。 商品の特徴としては、土壌微生物膜プロセスを用いた高度処理浄化槽(国土交通大臣一般認定)で、処理水はトイレ洗浄水へ再利用可能、使用機器が少なく省電力、年数回程度のメンテナンスと環境負荷が非常に小さい点が挙げられます。 ライバル商品としては合併処理浄化槽が挙げられますが、合併処理浄化槽は使用間隔が開いてしまうと内部の細菌が死滅してしまい、再度汚水を流す際には種となる細菌を新たに投入する必要があります。
 一方、ソフィールの場合は装置内部の土壌(団粒化された土壌)そのものに細菌が生息しているため、使用間隔が開いても細菌が死滅することなく、メンテナンスフリーで稼働させることが可能となっています。 全国で稼働を初めて約18年経ちますが、細菌が死滅するというトラブルは発生していません。実際にあったトラブルとしては、落雷等による電気系統の故障程度です。又、ソフィールを稼働する電力の必要量は、合併処理浄化槽の10分の1以下となっています。
 商品の販売手法としては、販売店組織としてのソフィール協会を設置し、全国30業者からなる販売網によって普及促進に取り組んでいます(メンテナンスは各地に委託)。
 今後の展開としては、台湾やベトナムといった環境水準が劣っているアジア諸国への設置を目指し、具体的な活動に取り組んでいる途上です。
 総括としては、北海道から沖縄といった広域に掛けて、環境に配慮する必要がある場所へソフィールを設置することにより、全国各地で環境改善に貢献しています。 更には、環境水準が劣っている海外へもその設置を進めている当社は、環境改善分野への推薦要件を充分に満たしているものと思われます。
▲このページの先頭へ | トップページに戻る
津商工会議所
津商工会議所 TSU CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY 
本所    〒514-0033 三重県津市丸之内29−14   TEL:059-228-9141  FAX:059-228-7317
久居支所 〒514-1135 三重県津市久居本町1347-1  TEL:059-255-2343  FAX:059-256-3665
E-mail : tsucci@ztv.ne.jp
Copyright© TSU CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY All rights reserved.